診断内容

消化器系の検査・治療

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ、経鼻内視鏡)

下部消化感内視鏡検査(大腸カメラ)

腹部超音波検査

肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓、膀胱、前立腺、甲状腺などのエコー検査です。外来で手軽に施行できます。

上部消化管造影検査

現在、検診としての胃バリウム検査は休止しております。手軽でつらくない経鼻内視鏡検査の方が放射線被曝もなく、より正確な診断を下せるためです。

肛門鏡検査

肛門、直腸の病変(下血、痔など)を外来診療中にすぐ見ることができます。特別な前処置はいりません。

消化器系の癌は上記の検査でかなり発見する事が可能です。
特に、消化管(食道、胃、十二指腸、大腸)の癌に関しては、内視鏡検査時の病理検査で確定診断まで行えます。万一、悪性腫瘍が発見された場合は、十分な説明を行った後に、適切な病院にご紹介いたします。大腸内視鏡にてポリープを発見した場合は組織検査等による確定診断の後、入院設備がある信頼のおける病院にご紹介させていただいております。(近隣では、津田沼中央総合病院、済生会習志野病院、船橋市立医療センター、東京女子医大八千代医療センターなど。ご希望の病院がある場合はご相談ください。)

循環器・呼吸器系の検査

各種X線検査

胸部、腹部をはじめ全身の各部のレントゲン撮影が可能です。

心電図検査

一般的な心電図の検査です。 解析機能付きの最新の心電図装置を導入しています。

負荷心電図検査

踏み台の昇降をしていただき、狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患を見つける検査です。心臓カテ-テル検査など、精密検査あるいは、特殊治療を要すると判断された場合は、しかるべき病院に御紹介いたします。

ホルター(24時間)心電図検査

不整脈は、診察中に都合良くでるものではありません。一日のうちどの程度の頻度で、不整脈がでているか、簡単な心電図の波型を長時間記録する装置を用いて、治療が必要な危険な不整脈がでていないか、調べる検査です。

呼吸機能検査(スパイログラフィー)

肺活量などをはかる呼吸機能検査です。COPD(慢性閉塞性肺疾患)や、喘息など呼吸器疾患の肺機能を調べる検査です。

パルスオキシメーター

動脈血液中の酸素濃度を血液を採ることなく測定できます。呼吸器疾患の患者さんの呼吸状態を把握するのに役立ちます。

消化器系の検査・治療

・各種検体(血液・尿・細菌培養・病理・腫瘍マーカー他)検査

検査結果は患者さん自身の大事なデータです。ご希望の方にはデータのコピーをお渡しします。ご自身の健康管理にお役立て下さい。また、一部の検査は緊急検査として、短時間で結果を出すことも可能です。インフルエンザ迅速検査、溶連菌迅速テスト、血算、CRP、尿定性検査などは、必要に応じて至急検査に回すことがあります。(10分から15分程度で結果が出ます。)

麻疹、風疹、おたふくかぜ(ムンプス)、水痘、B型・C型肝炎ウィルス等の各種抗体検査、花粉症、気管支喘息、蕁麻疹などのアレルギー検査等も行っております。

生活習慣病をはじめ糖尿病(血糖値、HbA1c、尿中微量アルブミン)、高脂血症(コレステロール、中性脂肪)、高血圧、痛風、呼吸器(肺)疾患、高齢者に多い疾患など内科一般の検査も行います。

オージオメーター

聴力検査を行う機械です。健診の項目に入っています。

その他の精密検査・医療連携

CT検査、MRI検査等は、船橋市立医療センター、津田沼中央総合病院、済生会習志野病院、谷津保険病院、社会保険船橋中央病院、などと病診連携を行っており、施行可能です。(当院にて予約可能です)
高度医療が必要な患者さんについては、適切な医療機関(近隣の各病院の他、国立がんセンター中央病院(築地)、千葉大学医学部付属病院、都内の各大学病院、都立駒込病院、癌研有明病院など)を責任もって御紹介いたします。

また、ご希望の病院があれば、どちらの病院にでもご紹介は可能です。
小児については、小児科専門医の治療が必要と判断される場合は、船橋市立医療センター、済生会習志野病院、船橋二和病院、津田沼中央総合病院、千葉市立海浜病院など小児科常勤医のいる病院にご紹介いたします。

当院では、開院以来、電子カルテを採用しており、内視鏡画像、超音波画像、レントゲン画像、心電図データ、血液、尿、便検査などの結果をコンピューターに取込み、必要なときにいつでも取り出せるようにパソコンのハードディスク及び光ディスクに電子保存を行っています。